新卒採用支援で高ポテンシャルな人材採用に成功

新卒の採用を行う際にはポテンシャル採用が基本になることが多いでしょう。選考によって事業の成功につながっていくような能力を秘めている新卒を選び出すためには新卒採用支援を積極的に活用するのが賢明かもしれません。

ポテンシャル採用とは

新卒の人材を採用するときには一般的にはポテンシャル採用になってしまいます。まだ社会人として仕事をした経験がない人が対象になることが多いためであり、その人材の能力を過去の職歴から判断することはできません。未経験の現場で仕事をするのが前提になるの場合が大半なので、本当に仕事ができるのかを推察しなければなりません。ポテンシャル採用はきっとこのような形で仕事をしてくれる人材に成長するだろうと想定して行う採用です。企業の成長に大きく寄与してくれる可能性をどれだけ秘めているかで採用の可否を決めることになるでしょう。新卒採用支援を活用することによってポテンシャル採用の成功確率を高めることができると期待できます。

ポテンシャル採用を実現する豊富な経験

ポテンシャル採用で成功するためには応募者のポテンシャルを見抜く必要があります。新卒採用支援を活用するメリットはそのために重要になる豊富な経験を積んでいることです。応募者の本性を見極めるためには知識も重要になります。新卒の就職活動を支援するための必勝戦略についての情報が流通していて、その教育を行うためのセミナーなども開催されているのが現状です。それによって上辺だけを取り繕っている応募者もいます。そのベールを剥ぐことが重要なのが面接であり、知識に基いて適切な質問を投げかけつつ観察を行う必要があります。新卒採用支援を利用すると経験と知識という二つの面から支援を受けて、ポテンシャル採用を実現しやすくできるのです。

受けられる支援のパターン

新卒採用支援によるポテンシャル採用の支援には様々なパターンがありますが、よく利用されているものは二つです。一つはコンサルティングによる支援であり、これまで行ってきた採用の方法について提示することで改善点の指摘をしてもらえます。採用したい人材に応じて適切な方法を提案してもらうこともできるでしょう。あくまで選考は社内で全て完結させられるのがメリットです。もう一つは選考を直接支援してもらう方法です。人材を派遣してもらって書類選考や面接選考に携わってもらうという方法が一般的に行われています。また、選考そのものを委託してしまうという形で利用することも可能です。第三者の目を入れることで客観的な視点から人材採用を行えるのがメリットになります。